2016年5月20日金曜日

CT.スクーデリア

五月晴れの京都北山でございます
このシーズンは、修学旅行の方がたくさん来られていますね(^^)

さてさて・・・お伝えしております6月10日より開催の
COLONYアクセサリーコレクションで
満を持して、京都北山店へ再登場のイタリアンウォッチブランド

CT.スクーデリアの歴史から御紹介です(^^)/

CT.スクーデリア アンバサダー 前園氏


仕事熱心なイタリアの時計職人一家の三代目として生まれた
エンリコ・マルガリテッリ氏には

“EMPORIO ARMANI”や“FOSSIL”のコラボレーション

過去の独自ブランドである“SOVIET”や“KEY WEST”等
輝かしいキャリアがあります

そんな彼に最も影響を与えたのは


祖父であるアリオダンテ・マルガリテッリ氏

イタリアのパルマで時計職人とし仕事に打ち込み
その高い技術力で
第一次・第二次世界大戦中には
軍隊で使用する精密時計を創り出していたそうです☆

     
      CT.スクーデリアの定番とも言えるTOURING(ツーリング)

時計業界で高い評価を保ち続けてる
CT SCUDERIA -Cafe Racer-は
スイス時計の精密な機械構造とムーブメントに
脈々と受け継がれてきた
カフェレーサーの伝統から得たひらめきを大胆に融合させた
他に類を見ないユニークかつ、本格的なコレクションなのです


↑イタリアのバイクメーカーGilera(ジレラ)社が1946年~1958年にかけて
6,026台のみ生産したバイクの名前がそのまま付けられたSATURNO(サトゥルノ)


カフェレーサーとは?

1960年代、イギリスで唯一の24時間営業だったロンドンのカフェ
エースカフェにロッカーズとよばれる若者達が
毎夜のように集り
改造したオートバイに乗り
店のジュークボックスにコインを入れて
曲が始まると同時にスタートし
曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという
公道レースを行っていたそうです
当時は彼らロッカーズをカフェレーサーと呼んでいたが
その文化が世界中に広まり
現在の日本でもオートバイの改造スタイルの一つとして
認知されているそうです(^^)

チェッカーフラッグがモチーフのCHECK FLAG(チェックフラッグ)

オーナーである、エンリコ・マルガリテッリ氏も
カフェレーサー界の強い魅力に惹かれる
プロのバイクレーサーでした

世界で最も影響力をもつオートバイの公道レース「Cafe Racing」
それは人間とマシーンとが公道で一体となり
誇示し合う究極の個人主義の象徴なんだそうです(^^)


  
ヴィンテージのストップウォッチをイメージしたモデルであり、
リューズ部分にリングが付いているのも特徴のCORSA(コルサ)


CT SCUDERIAの持つ
均整のとれたすっきりとした線は独特なフォルムへの挑戦というマルガリテッリ氏の熱意によって想い描かれいます
44mmの大振りなケースサイズに
12時位置のリューズとプッシャーは
「ストップウォッチとしての時計」を特徴付け
ベルトを外すことによって単体で
懐中時計やストップウォッチとして使用することも可能です

2カ所の時間帯を表示させることが可能な2TEMP(デュエ テンピ)

革ベルトには
高級スポーツカーで使用されているものと同じ革を用いて
スイスの職人がハンドメイドで製造しています

種類豊富な専用ベルトはワンタッチで付替え可能(ブレスを除く)
大きめの強化ステンレスバックル
イタリアの国旗がエナメル色で施された特徴的な裏蓋

モデルを共通して12時の位置にあるリューズとプッシャーが特徴
使用するネジの1つ1つにまでこだわりカスタムバイクを彷彿させる拘ったケース構造 

どのモデルを見ても、その拘りの強さに惹かれます

↑MASTER TIME(マスタータイム)はオートマティックのクロノグラフ


 

↑SALTFLATRACER"0-60"もスイス製自動巻きムーブメント搭載
肉抜きされた針が特徴です


もちろん、まだまだ御紹介したいモデルはたくさんあるのですが
この先は、御来店者様のみのお楽しみと言う事で・・・(^^)

6月10日~19日までの限定期間で
CT.スクーデリアを直接手にして頂けるチャンスですので

是非、御来店くださいませ(^^)/
その他のアクセサリーも、楽しみなフェアです☆

それでは、皆様、素敵な週末をお過ごしくださいませ☆


代引き、振込での便利な通販も承っております

新作入荷速報↓ 
Twitter 
colony_kyotoをフォローしましょう  















0 件のコメント:

コメントを投稿